は行

評価誤差

評価誤差とは、人事評価において評価者の主観評価や印象評価によって評価結果に誤差が生じることである。主なものに、ハロー効果、寛大化傾向、中心化傾向、対比誤差、逆算化傾向等がある。
評価誤差が発生すると、評価に対する被評価者の不満や不信が起こり、評価制度そのものへの不信につながるばかりでなく、成長意欲の減退、組織への貢献意欲や参画意欲の低下につながる。
評価誤差を防ぐためには、評価項目や評価基準を明確化し、評価者が実際に運用しやすい評価制度であることがまず求められる。そのうえで、評価者に対して評価者訓練を実施し、評価制度の仕組みを理解させるとともに、評価基準に対する評価者同士の目線合わせを行う必要がある。
「sai*reco(サイレコ)」には「人事評価シート」機能が備わっています。
評価項目、評価基準等を適切なフォーマットで管理し、主観的な評価や印象評価を避けることができます。
HRオートメーションシステム「sai*reco(サイレコ)」を是非ご活用ください。
HRオートメーションシステム「sai*reco(サイレコ)」

関連ページ
人事制度

お問い合わせ

資料請求‧お電話など各種お問い合わせは下記よりお気軽にご相談ください。

03-6231-9505

平⽇ 9:00 - 18:00(⼟⽇祝⽇を除く)