た行

賃金表

  • 賃金表とは、条件毎(職能、職務、勤続年数、年齢、学歴等)の賃金支給額を定義した一覧表である。主なものに、号棒表、昇給表、複数賃率表があり、昇給方針と昇給管理方法によって使われる賃金表も変わってくる。
  • 号棒表は、等級別、号別に賃金額を記載した賃金表である。賃金の全体額と昇給額の両方を管理することができるため、人件費に関する予算が立てやすいというメリットがある反面、年功的な運用になりやすいというデメリットもある。
  • これに対して昇給表は、等級毎の昇給額または昇給率のみを記載する。号棒表に比べてシンプルで分かりやすい賃金表になる。号棒表と同じように等級毎の基準額や上限額をあらかじめ設定するのが一般的であるが、それらを設定せずに毎年の業績等によって変更することも可能である。
  • 複数賃率表とは、号棒表を基準としながらも、各号に複数の賃金額を設定し、毎年の評価によって賃金額を決定する賃金表である。複数賃率表の特徴は、年功序列的な運用に、洗い替え方式の要素を加味している点にある。極端な成果主義が馴染まない場合や、本人の努力が業績にあまり直結しない場合等に、従業員のモチベーションを喚起する手法として用いられることが多い。
  • 上記の賃金表を活用することで、計画的な賃金管理を行うことができると共に、賃金額の決定に対する公平性と納得性が担保されることになる。また、賃金表は固定的なものではなく、物価の上昇や昇給管理方法の変更、賃金改定等によって随時改定される必要がある。

「sai*reco(サイレコ)」なら、給与関連情報の管理や蓄積をすることができ、雇用形態別給与明細の設定も行うことが可能です。
HRオートメーションシステム「sai*reco(サイレコ)」を是非ご活用ください。
HRオートメーションシステム「sai*reco(サイレコ)」

関連ページ
人事制度

お問い合わせ

資料請求‧お電話など各種お問い合わせは下記よりお気軽にご相談ください。

03-6231-9505

平⽇ 9:00 - 18:00(⼟⽇祝⽇を除く)