は行

複線型キャリアパス

従業員の専門性を高めることや、組織内に専門職者を形成することを目的に、組織内での職種や職務における昇格・異動の道筋が複数に分かれている仕組み。これらを盛り込んだ人事制度を複線型人事制度という。

従来は、管理職者(ライン長)として部下を持ち組織をマネジメントすることが、組織における唯一の道筋(キャリアパス)となっていた。しかし、昨今では専門職といった役割を設けることにより、いくつかの選択肢を与える企業が増えている。
複線型キャリアパスでは、キャリアに対する様々なニーズを持つ人材に対して、能力の伸長や発揮の場を与えることで、個々の従業員が保有する能力やニーズに合致したキャリアを形成させることが出来る。

 関連イベント・セミナー

お問い合わせ

資料請求‧お電話など各種お問い合わせは下記よりお気軽にご相談ください。

03-6231-9505

平⽇ 9:00 - 18:00(⼟⽇祝⽇を除く)