は行

PMBOK

米国プロジェクトマネジメント協会(PMI:Project Management Institute)が提唱する、プロジェクトマネジメントのための標準的なフレームワーク(知識体系:body of knowledge)──すなわちプロジェクトを実施する際の基本的な考え方、手順をまとめたもの。
以下の8つのマネジメント項目と、それを統合的に管理する”統合マネジメント”の9つの知識エリアで構成される。

  1. スコープ(開発の目的とその範囲)
  2. タイムスケジュール
  3. コスト管理
  4. 品質管理
  5. 人的リソースの管理(顧客、開発サイド含む)
  6. コミュニケーション(コミュニケーションの方法と適用シーンの決定)
  7. リスク管理
  8. 調達管理

PMBOKの特徴は、これら8つの項目を「統合(インテグレーション)」してマネジメントしながら、計画立案・実施していくことで、「各領域をきちんとやる」のではなく、バランスをとりながら、QCD(quality, cost, delivery)を保証することを指向している。事前にタイムスケジュールや品質において起こり得るリスクを認識し、何か問題が起こった際のコミュニケーションの方策や対処法などを事前に決めておくことで、トラブルの長期化を防止する。
プロジェクトの提案段階から評価に至る一連のプロセスにPMBOKを適用することで、プロジェクトをより効果的に実施できるようになる。
「sai*reco(サイレコ)」は組織図で表せない組織構成(PJチームなど)を管理することが可能です。
また、蓄積されたデータを基に組織図の作成、シミュレーションまでを可能にします。
HRオートメーションシステム「sai*reco(サイレコ)」を是非ご活用ください。
HRオートメーションシステム「sai*reco(サイレコ)」

お問い合わせ

資料請求‧お電話など各種お問い合わせは下記よりお気軽にご相談ください。

03-6231-9505

平⽇ 9:00 - 18:00(⼟⽇祝⽇を除く)