は行

複線型雇用管理

  • 複数の職掌(総合職、一般職、事務職など)を設定し、賃金や昇進などの処遇を分けて雇用管理を行うこと。
  • 複線型の雇用管理を行うことによって、採用から教育訓練、職務配置、昇格、昇進などを職掌別に設定することも出来る。
  • 複線型雇用管理を実施することによって、人材の育成や組織活性化、コスト削減などに効果がある。

 関連イベント・セミナー

お問い合わせ

資料請求‧お電話など各種お問い合わせは下記よりお気軽にご相談ください。

03-6231-9505

平⽇ 9:00 - 18:00(⼟⽇祝⽇を除く)