ら行

労働生産性

労働生産性 Labor Productivit

  • 労働生産性とは、従業員一人当りの付加価値額を示す指標であり「付加価値 ÷ 従業員数」で表される。
  • 投下した労働量(労働時間の量や時間によって算定)とその結果得られる生産量の割合となる。
  • 個別企業・業界など比較に用いられる場合もあるが、国際比較にも頻繁に用いられるものでもある。
  • 日本の製造業などは、生産ラインのロボット化など自動化により生産性は飛躍的に向上した。ちなみに、国際比較の結果としては、日本の労働生産性は先進7カ国中最下位で、OECD 30カ国中で20位となっておりそれほど高い結果ではない。(2007年版「労働生産性の国際比較」)
  • しかしながら、生産性伸び率では先進7カ国中2位と改善が進んでいるといえる。

→日本の労働生産性(就業者1人当り付加価値):6万1862ドル(789万円/購買力平価換算)

【国別生産性比較】

  • 1位:ルクセンブルク 10万4610ドル(1,334万円)1980年以降26年連続
  • 2位:ノルウェー    9万7275ドル
  • 3位:米国       8万6714ドル
  • 4位:アイスランド   8万3546ドル
  • 5位:ベルギー     8万0878ドル

(2007年版「労働生産性の国際比較」2005年の指数より)

ただし、当該就労者には、国外からの流入者はカウントされていないために、国外からの就労者の多い国の指標が高くなる傾向があり、国外からの労働者の少ない日本は、比較的低い結果となってしまう。

 関連イベント・セミナー

お問い合わせ

資料請求‧お電話など各種お問い合わせは下記よりお気軽にご相談ください。

03-6231-9505

平⽇ 9:00 - 18:00(⼟⽇祝⽇を除く)