あ行

エンパワーメント

エンパワーメント Empowerment

エンパワーメントとは、権限委譲を意味し、目標達成のために管理者が保持する権限・力を部下に与える、または部下と共有するマネジメント手法である。

特徴

  • 仕事の遂行方法を部下に委ねることで、自律的な業務遂行を促す点。
  • 指示や直接的な解決方法を与えるのではなく、環境整備や適切なフィードバックによって部下を支援する点。

エンパワーメントの推進により部下の裁量権を拡大するメリット

  • 部下の責任感とモチベーションを向上する。
  • 現場の対応速度を上げられるため、生産性が向上する。
  • 責任ある立場で思考や判断を繰り返すことによって部下の能力開発に繋がる。

エンパワーメントの推進時に注意すべきリスク

  • 権限を与えるということは、同時に責任を負わせることでもあるため、部下に対して高いストレスや業務負荷を強いる可能性がある。
  • 職場環境やリソースが不十分なことで、たとえ部下に権限を与えていても、エンパワーメントが適切に機能しない可能性がある。
    例えば、チャレンジを評価せず、失敗を許容しない人事制度を運用する会社の場合、たとえ十分な権限を与えられていても、部下が自律的に判断しながら業務に取り組む可能性は低くなる。
  • 役割や職務を遂行するための能力が十分に備わっていない部下に権限を与えた場合、結果的に部下が機能不全を引き起こしてしまう可能性がある。

 関連イベント・セミナー

お問い合わせ

資料請求‧お電話など各種お問い合わせは下記よりお気軽にご相談ください。

03-6231-9505

平⽇ 9:00 - 18:00(⼟⽇祝⽇を除く)