さ行

シングルレート

シングルレート Single Rate

シングルレートとは、等級やポジション毎にひとつの賃金額を設定している賃金制度のことである。一般的にはレンジレート方式(等級やポジション毎に賃金額に幅を持たせる方式)が採用される場合が多く、シングルレート方式が採用される場合はまれである。

シングルレート方式を採用するメリットは主に2点ある。
1点目は、等級やポジション毎の期待役割を明確に示すことができ、かつ賃金ともダイレクトに結びつくという、設計上の単純さと社員の側からの分かりやすさである。
2点目は、成果主義への強い動機付けと、強い昇格インセンティブを示すことができる点である(定期昇給が存在せず、成果や業績を上げて昇格することでしか基本給が上がらないため)。

また、最近では、管理職層を中心に洗い替え方式を採用する企業も増えてきている。洗い替え方式とは、等級やポジション毎に複数の賃金額を設定し、単年度毎の評価によって賃金額を決める制度である。洗い替え方式では、過去の昇給額が蓄積されず単年度毎の評価によって賃金が上下するため、成果や業績の結果をストレートに賃金に反映することができる。

 関連イベント・セミナー

お問い合わせ

資料請求‧お電話など各種お問い合わせは下記よりお気軽にご相談ください。

03-6231-9505

平⽇ 9:00 - 18:00(⼟⽇祝⽇を除く)