な行

ナレッジワーカー/Knowledge Worker

ナレッジワーカー Knowledge Worker

  • オーストリアの経営学者・社会学者であるピーター・ドラッカーによって用いられた言葉で、企業に対して「知識」により付加価値を生み出す労働者の事を表し、知的生産物を創造する労働者に用いられる。従前の製造(生産)に従事する労働者(単純労働者)に対する対立概念でもある。
  • この言葉が用いられるようになったのは、世界的な経済発展等による金融工学の進歩、コンピュータ技術等の躍進等により、これまでの形のあるものを生産する労働から、形の無い、知的生産物を創造する業務に、多くの労働者がシフトする現象が発生したためである。
  • これらの労働者は、時間的・空間的な制約も受けず、IT環境(モバイル環境)等も駆使して業務に従事することが多い。
  • 代表的なものは、コンサルタントや、金融業界で高度な金融工学を駆使するディーラー等である。

 関連イベント・セミナー

お役立ち資料|アフターコロナ時代に呼応した「ジョブ型人事制度」への対応

内容概要

働き方改革の推進やCOVID-19により、従来の働き方・雇用・評価・処遇では耐えられなくなっております。
企業は雇用の在り方・制度の在り方に変化を求めれています。 そのような状況の中...

詳細内容を見る

お問い合わせ

資料請求‧お電話など各種お問い合わせは下記よりお気軽にご相談ください。

03-6231-9505

平⽇ 9:00 - 18:00(⼟⽇祝⽇を除く)