か行

完全失業者

日本の労働力調査(統計)では15歳以上の人口を原数値として、労働力人口と非労働力人口を算定しており、このうち労働力人口は就業者と完全失業者に別けられ、完全失業者とは、以下の3つの条件を満たす者をいう。

  • 仕事がなくて調査週間中に少しも仕事をしなかった(就業者ではない。)
  • 仕事があればすぐ就くことができる
  • 調査週間中に,仕事を探す活動や事業を始める準備をしていた(過去の求職活動の結果を待っている場合を含む。)

また、仕事を探し始めた理由(求職理由)によって,完全失業者は以下のように区分される。

  • 非自発的な離職による者(「定年等」と「勤め先都合」を合わせたもの)
  • 定年又は雇用契約の満了(定年や雇用期間の満了による離職失業者)
  • 勤め先や事業の都合(勤め先や事業の都合[倒産・人員整理等]による離職失業者)
  • 自発的な離職による者(自分又は家族の都合による離職失業者)
  • 学卒未就職者(学校を卒業して仕事に就くために,新たに仕事を探し始めた者)
  • その他の者(以下7と8を合わせたもの)
  • 収入を得る必要が生じた者(収入を得る必要が生じたために,新たに仕事を探し始めた者)
  • その他(上記のどれにもあてはまらい者)

参考:昭和25年以前の失業者の定義は「調査期間中働くことを希望しながらも、適当な仕事がないためとか、季節的閑散のため、または材料、賃金、動力の不足のため等の理由で、収入を目的と

関連用語

労働法
労働条件

 関連イベント・セミナー

お問い合わせ

資料請求‧お電話など各種お問い合わせは下記よりお気軽にご相談ください。

03-6231-9505

平⽇ 9:00 - 18:00(⼟⽇祝⽇を除く)