は行

変形休日制

休日は、毎週少なくとも1日与えられなければならない。(労働基準法第35条第1項)この休日を法定休日といい、原則として午前零時から午後12時までの24時間を与えなければならない。
原則は、休日を週に1度与えなければならないが、就業規則等に定めれば4週間に4日以上の休日を与えれば問題ないとされる。(変形休日制)
4週間の意義としては、特定の4週間に4日以上の休日があればよく、どの4週間を区切っても必ず4日以上の休日がなければいけないものではない。
就業規則等には、4週間の起算日を明確にする必要がある。(常時10人未満の労働者を雇う使用者は、変形休日制の定めをした旨を労働者に周知させなければならない)

 関連イベント・セミナー

お役立ち資料|アジャイル型人事制度~変化に強い組織をつくる新しい人材マネジメント~

内容概要

アジャイルとは、「すばやい」「俊敏な」という意味で、ソフトウェア開発手法としてのアジャイル型開発がよく知られています。現在のような不確実性の高いビジネス環境に対峙している組織と人は、変化を素早く...

詳細内容を見る

お問い合わせ

資料請求‧お電話など各種お問い合わせは下記よりお気軽にご相談ください。

03-6231-9505

平⽇ 9:00 - 18:00(⼟⽇祝⽇を除く)