は行

変形休日制

休日は、毎週少なくとも1日与えられなければならない。(労働基準法第35条第1項)この休日を法定休日といい、原則として午前零時から午後12時までの24時間を与えなければならない。
原則は、休日を週に1度与えなければならないが、就業規則等に定めれば4週間に4日以上の休日を与えれば問題ないとされる。(変形休日制)
4週間の意義としては、特定の4週間に4日以上の休日があればよく、どの4週間を区切っても必ず4日以上の休日がなければいけないものではない。
就業規則等には、4週間の起算日を明確にする必要がある。(常時10人未満の労働者を雇う使用者は、変形休日制の定めをした旨を労働者に周知させなければならない)

 関連イベント・セミナー

お役立ち資料|「ジョブ型」時代の到来!「ジョブ型人事制度」導入の具体的対応とポイント

内容概要

近年の働き方改革の推進やパンデミックなどによるテレワーク・在宅勤務の恒常化、あるいは専門性高い人材の処遇の実現など、人事制度も従来の働き方・雇用・評価・処遇をベースとした考え方では市場競争力を維...

詳細内容を見る

お問い合わせ

資料請求‧お電話など各種お問い合わせは下記よりお気軽にご相談ください。

03-6231-9505

平⽇ 9:00 - 18:00(⼟⽇祝⽇を除く)