さ行

絶対評価

  • 定められた評価基準によって、従業員個々のレベルを評価・判定する方法を言う。
  • 評価基準が明確にひとつの尺度・ハードルとして確立している場合に用いられる方法であり、個々人の能力発揮に応じた処遇の実現や、評価結果に基づく能力開発や自己啓発への動機付けなどが可能になる。
  • 一方で、相対化を行う場合と比較して、支払い原資のコントロールが難しくなる点もある。

 関連イベント・セミナー

お問い合わせ

資料請求‧お電話など各種お問い合わせは下記よりお気軽にご相談ください。

03-6231-9505

平⽇ 9:00 - 18:00(⼟⽇祝⽇を除く)