は行

ホワイトカラーエグゼンプション

ホワイトカラーエグゼンプションとは、従来の管理監督者に加え、仕事や時間管理において自己裁量の高いホワイトカラー労働者に対し、労働時間等規制を適用免除することを指す。すなわち、ホワイトカラー全員を裁量労働制のようにみなす仕組み、及びその制度のことを言う。

従来の労働基準法等の労働諸法は、いわゆる工場等の労働者を保護する観点によって整備されてきたもであるが、当該制度は、ホワイトカラーであり、かつ、専門型裁量労働制の適用者や一定の条件(一定年収を超える等)を満たす労働者であれば、労使協定を結ぶ等して時間管理のエグゼンプト(適用除外)を行えるというものであり従来の考え方とは全く異なった考え方になる。
しかし、制度が施行されれば長時間労働を助長してしまうといった危惧があり、労働者保護の観点から反対意見も聞かれる。

 関連イベント・セミナー

お役立ち資料|組織を強くする人事評価の新手法~OKRをつかった人事評価の仕組み~

内容概要

事業環境や働き方が大きく変化している時代、人事評価制度の見直しが組織改革のカギになります。

 

・自律的に課題を設定し取り組む社員を育成したい」
...

詳細内容を見る

お問い合わせ

資料請求‧お電話など各種お問い合わせは下記よりお気軽にご相談ください。

03-6231-9505

平⽇ 9:00 - 18:00(⼟⽇祝⽇を除く)