あ行

インシデント・プロセス

インシデント・プロセス Incident Process

実際の事例をインシデント(出来事)単位で示し、以下の5ステップで検討することで、事態の改善を図る演習技法である。主に当事者としての意識向上と、処理能力の向上を図ることを目的に実施される。

  1. インシデントを収集する
  2. インシデントの内容を理解する
  3. 解決すべき問題を確定する
  4. 意思決定と理由付けをおこなう
  5. 反省を通して状況を把握する

※ケースメソッドが洞察力、判断力向上を狙いにするのに対し、インシデントプロセスは処理能力・問題解決力・考察力の向上を狙いとする。

 関連イベント・セミナー

お役立ち資料|成長倍速メソッド「やるトレ」

内容概要

「やるトレ」は、研修での学びを、実現したいゴールに沿って、現場で実践させることに特化した「人材開発DX ツール」です。

本資料では、「やるトレ」のポイントや対応ニーズ、プログラムの...

詳細内容を見る

お問い合わせ

資料請求‧お電話など各種お問い合わせは下記よりお気軽にご相談ください。

03-6231-9505

平⽇ 9:00 - 18:00(⼟⽇祝⽇を除く)