は行

ハロー効果

ある特定の項目や領域において、際立った評価や功績が、他の評価や功績にも影響する効果をハロー効果と言う。

このハロー効果には2つの種類があり、「真のハロー」と「ハローエラー」となる。「真のハロー」とは、際立った評価と他の評価に乖離が無いものを指して言い、「ハローエラー」とは、際立った評価と他の評価に乖離があるものを指す。
人事評価時における評価内容の正当性との乖離を表現する際に用いられ、人事評価時に管理者が被評価者の特定の大きな功績に影響を受け評価をしてしまう等、留意する事項として示されている。

お問い合わせ

資料請求‧お電話など各種お問い合わせは下記よりお気軽にご相談ください。

03-6231-9505

平⽇ 9:00 - 18:00(⼟⽇祝⽇を除く)