• ホーム
  • コンセプト
  • 商品・サービス
  • セミナー
  • 導入事例
  • 会社情報

導入事例 CASE STUDY

株式会社ACCESS様 株式会社ACCESS様

マクロ目線とミクロ目線からアプローチすることで、 社員と会社の信頼関係を強化し、組織の一体感を高める。

株式会社ACCESS様

Company Profile

会社名 : 株式会社ACCESS
従業員数 : 587名(連結1620名)
上場区分 : 東証マザーズ
設立年 : 1979年(創業)
資本金 : 31,300,000,000円

2008年1月現在

Products and Service

モバイルインターネットの先駆者として、主にモバイル市場及びPC以外の市場に、先進的且つ優れたモバイルオペレーティングシステムの提供を行い、国内はもとよりワールドワイドで展開している。

インタビューイー :人事統括部 人材開発部 寺田 雅 様

Summary

同社では入社3年目までを対象として年次別研修を行っている。今回対象となった入社3年目は、同社において業務上の要となる年次であると共に、今後のキャリアプランを個々が検討する年次でもある。また、入社3年目以降は階層別・職種別の育成が主となるため、年次別研修の最後の年次であった。今回導入する施策では、今後のキャリアを検討する機会を与えることはもとより、同期同士の一体感を高める取組みが必要になり、組織内コミュニケーションの活性化を図る「アクティビティプログラム」と、今までの経験の振り返りをもとに今後のキャリアを検討する「自己発見力育成プログラム」の導入に至った。
導入した背景を教えてください
弊社では、新入社員~入社3年目までの従業員を対象に3ヵ年育成計画を策定し、若手人材の育成に力を入れて行こうとしています。今回対象となった入社3年目は、弊社において要となる年次です。一般的な労働市場でもそうですが、キャリアについても少しずつ見えてくる年次であり、離職が多い年次でもあるため、育成プログラムの導入に至りました。

導入した施策の内容は、何度も検討を重ねた結果、組織内コミュニケーションの円滑化を促進する「アクティビティプログラム」と、過去の経験の振り返りから自身の今後のキャリアを考える「自己発見力育成プログラム」でした。

「アクティビティプログラム」は、弊社の企業理念から落とし込まれた行動指針である“ACCESS People Way”(以下APW)の要素を加え、理解の促進を目的に導入しました。理念を行動に落とし込むことは、往々にして難しいのですが、組織の要になる入社3年目のメンバーには、より深く理解して欲しいと考えていました。「自己発見力育成プログラム」は、今後のキャリアを検討していく上で、自身の価値観の理解や経験・志向の整理が必要であると考え、過去の経験の振り返りを行うために導入を決定しました。
導入したサービスの詳細を教えてください
「アクティビティプログラム」はオリエンテーリング形式のコミュニケーション施策となっていました。オリエンテーリングの各チェックポイントでAPWに関連するグループワークを実施しましたが、APWで求められている行動を疑似体験することで、腑に落ちにくかった行動を、より深く理解し、納得できたのではないかと思います。プログラムの終了後に実施したアンケートの結果の中からも、同様の意見が多く出ていました。また、オリエンテーリング形式を取っていることで、同じグループになった同期同士においては、近況に関するコミュニケーションの機会にもなりました。

弊社では、プロジェクト形式で進める仕事が多く、社内の他部門のメンバーとの関係よりも、プロジェクト内のメンバー同士やクライアントとの関係の方が密になります。そのため、他の業種・業態の会社に比べると、どうしても組織内のコミュニケーションの機会が少なくなりがちです。

「アクティビティプログラム」実施前



今回導入した「アクティビティプログラム」によって、普段コミュニケーションがなかなか取れない同期同士で、コミュニケーションを取ることができ、色々なことを腹を割って話すことが出来ました。それは関係強化はもちろんのこと、色々な部署での仕事の状況も共有することができ、結果として会社の全体像を把握することに繋がりました。

「アクティビティプログラム」実施後



前段でもお話しましたが、弊社の入社3年目は、自身の今後のキャリア・プランを考え始める年次です。もちろん、人事考課や日々の上司とのコミュニケーションの中で、自身の強みや弱み、キャリア・ビジョン等を把握し、自分自身のキャリア・プランが明確になって行くのが理想です。 しかし、忙殺される毎日に、キャリアを考えると言うこと自体が埋もれてしまう現実もあります。

インタビュー写真



今回 「自己発見力育成プログラム」で、自分自身の過去の経験の棚卸しや、自身が持っている興味や関心に対する理解を深める時間が取れたことで、自分自身の強みや弱み、キャリア・ビジョン等を検討・整理する機会になりました。 また、以前からキャリア・ビジョンやキャリア・プランが明確になっていたメンバーにとっては、今回の受講を通して、そのプランの方向性が自分自身に合ったものであることの再認識ができ、安心して目標に向って進んでいけるようになったと感じています。

「自己発見力育成プログラム」フレームワーク

ネットからのお問い合わせはこちら

電話番号

サービスを導入した感想はいかがですか
今回の施策の導入に際して、「アクティビティプログラム」と「自己発見力育成プログラム」の各1日版を、弊社の実施目的とニーズを満たした2日間の合宿形式の育成プログラムになるように、セミカスタマイズを行って導入しました。実施までに何度か事前打ち合わせを行い、弊社向けの内容にセミカスタマイズして導入することで、APW(行動指針)の伝達と理解の促進といった会社からのメッセージ(マクロの目線)と、経験の棚卸しとキャリア・プランの検討といった個々のメンバーの地盤固め(ミクロの目線)の両方を兼ね備えた育成プログラムを構築して導入する事が出来ました。弊社はソフトウエア開発会社ですので、今までに企画・構築してきたソフトウエアや蓄積してきたナレッジは、弊社にとって大切な財産です。しかしそれら以上に、人材そのものを弊社では大切にしています。社員と会社が互いに信頼関係を深め、組織としての一体感を醸成し、今以上に強固な関係を築いていくためには、会社が一方的に考えや価値観を押し付けるのではなく、社員一人ひとりの今後も見据えた人材育成が必要だと考えています。 社員と会社のふたつの目線を有した施策を導入できたことは、今後に繋がる大きな一歩だったと思います。

経営者の方、人事担当者様、お気軽に一度ご相談下さい。

ネットからのお問合わせはこちら
お問合わせフォーム
お電話はこちら
03-6231-9505 9:00~18:00(土日祝日を除く)

ページの先頭へ