お役立ち資料

人事業務の省力化はどこまでできる?人事部門ができる省力化策12選

2020年06月30日

labor_saving_by_personnel.png

 

▼内容
1. 人事部門の省力化の考え方
2. 定型業務で省力化できること
3.無駄な業務の廃止でできること
4.企画・意思決定のスピード化でできること

 

人事部門は企業の成長のためのエンジンともいえる人材の根幹を担っています。しかしながら、人事部門が抱えている業務は多様であり膨大です。根幹を担っているにもかかわらず、日々繁雑な業務に追われているというケースはまだまだ後を絶ちません。

 

本資料では、人事部門を省力化する作戦を「定型業務の省力化」、「無駄な業務の廃止」、「企画・意思決定のスピード化」の3つのグループに分けて考え、自社の人事業務を棚卸し、それぞれの観点からできることはないか検討するための具体策をお伝えします。

 

資料ダウンロードはこちら

 

【本件に関するお問合せ先】
株式会社アクティブアンドカンパニー
電話番号:03-6231-9505  FAX:03-6231-9506

お問い合わせ

資料請求‧お電話など各種お問い合わせは下記よりお気軽にご相談ください。

03-6231-9505

平⽇ 9:00 - 18:00(⼟⽇祝⽇を除く)