は行

フィードバック

フィードバックとは

受け手の仕事や意見に対し、第三者である送り手の客観的な立場から改善点やコメントを提供することを指す。フィードバックという概念は、教育現場、システム分野など様々な領域で同一の考えが存在する。ビジネスシーンにおいては、当事者による一方向の取り組みに対し第三者からの客観的な観点を取り入れることにより、双方向のコミュニケーションが可能となり、多角的な視点から仕事の評価を行うことができる。受け手自身の取り組み時の工夫や考え方、見え方だけでなく、アウトプットを受ける側の 視点を得られることで、理想の状態とのギャップが見えやすくなり、より効率的に改善を図ることができる。似た言葉として、「アドバイス」という言葉があるが、アドバイスはフィードバックのような第三者の受け取り方、感じ方に加え、改善に対する具体的な助言という意味合いが強くなる。

フィードバックの実例

ビジネスにおけるフィードバックの実例として、人事評価があげられる。従業員の期中の業務に対し上司の捉え方を含むフィードバックを提供し、受け手側 である被評価者の方で今後の課題を認識する、といったようなことが行われる。フィードバックのメリットは、多岐にわたる。まず送り手と受け手のコミュニケーションを促進し、双方向の理解を深めることができる。また、課題や問題点を特定し、改善や成長の機会を創出する。さらに、受け手のモチベーションを高め、パフォーマンス向上に寄与することもある。

実施する際の注意点

一方、実施する際に注意することとして 、時に批判的な内容を含むことがあり、受け手の感情を傷つける可能性があることがある。また、適切なフィードバックの提供や受け入れが難しい場合もある。伝え方や内容に注意し、行う必要がある。昨今フィードバックがトレンドワードになり、様々なメディアで取り上げられているが、その理由の一つに、人的資本経営の考え方が普及し始め、各社で人材育成 とエンゲージメント向上への関心が高まったことが挙げられる。組織や個人の成長と発展において、フィードバックの取り組みが重要な役割を果たすとの認識から、人的資本経営の考え方と親和性が高いため受け入れやすいと考えられる。

以上のように、「フィードバック」という言葉は、コミュニケーションや成長の重要な要素として、様々な分野で広く活用されている。その特性や利点を理解し、適切に活用することで、社員の育成や組織開発につなげることが期待できる。

「sai*reco(サイレコ)」組織人事の情報を蓄積し、有効な経営情報としての活用を支援するクラウド型人事管理システムです。
HRオートメーションシステム「sai*reco(サイレコ)」を是非ご活用ください。

詳細はサービスHPへ

 

 関連イベント・セミナー

お役立ち資料|アナログ業務からの脱却!中小企業がまず初めに導入すべきシステムとは

内容概要

業務効率化による付加価値業務へのシフト、データを用いた組織のマネジメントなど、管理部門のDX化を推進する動きが活発になっています。特に管理部門がメインに扱う情報として「人事情報(従業員情報)」が...

詳細内容を見る

お問い合わせ

資料請求‧お電話など各種お問い合わせは下記よりお気軽にご相談ください。

03-6231-9505

平⽇ 9:00 - 18:00(⼟⽇祝⽇を除く)