は行

評価面談

評価面談とは、期初にたてた計画・目標の達成状況を振り返るとともに、一次評価の伝達を行なう面談のことである。
評価面談を実施する目的は、評価を伝達することはもちろんのこと、計画・目標達成の成功要因、未達成の失敗要因を分析し、問題と課題、次期の改善策を共有することである。ポイントは以下の3点である。

被評価者が本音で話せる環境をつくる

  • 十分な時間を確保し、途中で中断されないように事前に業務を済ませておく
  • プライバシーに配慮し、静かで落ち着く面談場所を確保する
  • 面談時は、リラックスして、真面目に話し合えるレイアウトで着席する
  • 部下全員に公平に実施する

評価内容や自身の課題に対する納得感を引き出す

  • 目標管理シートや評価シートに沿って評価を実施し、評価根拠をきちんと説明する
  • 被評価者の観察記録簿を活用するなどして、事実の確認を行なう

面談後のフォローを実施する

  • 業務の指示や割り振り等日常のマネジメントを通して、改善策の取り組みを支援する
  • 日常のコミュニケーションを通して、改善策の取り組みの進捗度合いを確認する

お役立ち資料|新任管理職のための「人事評価」入門

内容概要

多くの企業で定期的に人事評価を行い、管理職の方は部下の評価のために面談を行っていることと存じます。ところが、その面談で被・評価者(部下)が納得性のある人事評価をされたと感じるのではなく、不満を感...

詳細内容を見る

お問い合わせ

資料請求‧お電話など各種お問い合わせは下記よりお気軽にご相談ください。

03-6231-9505

平⽇ 9:00 - 18:00(⼟⽇祝⽇を除く)