さ行

学習性無力感

学習性無力感 Learned Helplessness

米国の心理学者であるマーティン・セリグマンが、1967年に提唱した心理学理論。
自身の行動の結果が期待するものでなかった状態、あるいは回避できない事象が長時間続くことにより引き起こされる無気力感のこと。
特に、自らの周囲や環境に対し積極的な働きかけを起こさなくなり、情緒的な混乱を起こすなどの反応がみられる。

お役立ち資料|OODAループマネジメントとは?現場で戦うための高速マネジメント

内容概要

2020 年、コロナウイルスの感染拡大により、私たちのビジネス環境は大きな変化が訪れ、否応なく対応を迫られています。このような環境の変化は、過去のリーマンショック、IT バブル、東日本大震災など...

詳細内容を見る

お問い合わせ

資料請求‧お電話など各種お問い合わせは下記よりお気軽にご相談ください。

03-6231-9505

平⽇ 9:00 - 18:00(⼟⽇祝⽇を除く)