な行

年少者の深夜業

年少者(満18歳未満)の深夜労働(午後10時~午前5時)は原則として禁止されている。ただし、以下の場合は例外として認められている。

  1. 満16歳以上の男性を、日勤と夜勤との交替制の勤務形態で使用する場合
  2. 交替制によって労働させる事業において、午後10時30分まで労働させる場合。(例 早番:午前5時~午後1時45分、遅番:午後1時45分~午後10時30分までの交替制で遅番で労働させる場合)
  3. 農林水産業、保健衛生及び電話交換業務に従事させる場合
  4. 非常災害時に時間外労働、休日労働させる場合

※2及び4については、労働基準監督署の承認が必要となる

違法な深夜業をさせた場合でも割増賃金の支払い義務があり、支払わない場合は、6ヶ月以下の懲役または30万円以下の罰金が科せられる。

 関連イベント・セミナー

お役立ち資料|従業員の行動を変える!ナッジ理論に基づく新組織マネジメント

内容概要

「肘で軽くついて注意を促す」ことを意味する「ナッジ」(Nudge)という名前がつけられた「ナッジ理論」とは、小さなきっかけを与えることで、ヒトの行動を変える理論を指します。2017年にアメリカ ...

詳細内容を見る

お問い合わせ

資料請求‧お電話など各種お問い合わせは下記よりお気軽にご相談ください。

03-6231-9505

平⽇ 9:00 - 18:00(⼟⽇祝⽇を除く)