さ行

始業・終業時刻

始業・終業時刻とは、組織で働く人々が仕事を始める時刻と、終える時刻である。1日の労働時間は原則8時間(週40時間)であるため、9時が始業時刻の場合は、12時から1時までは休憩時間で、18時が終業時刻となる。
労働者の始業・就業時間は記録を残す必要がある。記録は通常、以下のいずれかの方法を用いなければならない。

  • 使用者(雇用者・事業者)が労働者の始業・就業時刻を確認・記録
  • タイムカード
  • ICカード・IDカード
  • パソコン入力等

記録に関しては、最低3年間保管しなくてはならない。

お役立ち資料|従業員の行動を変える!ナッジ理論に基づく新組織マネジメント

内容概要

「肘で軽くついて注意を促す」ことを意味する「ナッジ」(Nudge)という名前がつけられた「ナッジ理論」とは、小さなきっかけを与えることで、ヒトの行動を変える理論を指します。2017年にアメリカ ...

詳細内容を見る

お問い合わせ

資料請求‧お電話など各種お問い合わせは下記よりお気軽にご相談ください。

03-6231-9505

平⽇ 9:00 - 18:00(⼟⽇祝⽇を除く)