か行

鏡映的自己

鏡映的自己とは、他者の自分自身に対する言動や態度、また他者の言動や態度そのものをもとに、自分自身がどのように思われているかを推測し、また受容していく過程で獲得された自己を指して言う。
他者を介して「自分自身がどのような人間か」を理解することである。他者を自分自身の映し鏡のように見なし、そこに映った自分から、自己の特徴や状況・状態を知ることから、鏡映的自己と名づけられた。
鏡映的自己は、社会学者/C.H.クーリーが提唱した概念である。

 関連イベント・セミナー

お役立ち資料|新任管理職のための「人事評価」入門

内容概要

多くの企業で定期的に人事評価を行い、管理職の方は部下の評価のために面談を行っていることと存じます。ところが、その面談で被・評価者(部下)が納得性のある人事評価をされたと感じるのではなく、不満を感...

詳細内容を見る

お問い合わせ

資料請求‧お電話など各種お問い合わせは下記よりお気軽にご相談ください。

03-6231-9505

平⽇ 9:00 - 18:00(⼟⽇祝⽇を除く)