わ行

ワーキングキャピタル

Working capital

  • ワーキングキャピタルとは、運転資本のことを指して言い、以下の算式で算出される。
  • 運転資本(運転資金)

= 流動資産 - 流動負債
= 売上債権 + 棚卸資産 - 買入債務

  • 運転資本(運転資金)は、ビジネスをまわしていくための資金であり、短期に現金化する流動資産と、短期に返済しなければならない流動負債と差額で示される。
  • 一般的に、売上高が増大すれば、その分運転資本も増大する傾向がある。このため、売上が向上したとしても、運転資本(運転資金)も増加すれば、資金手当が必要となるため、売上を上げながらも、如何に運転資本(運転資金)を圧縮するかがファイナンス上重要となる。
  • このため、資金繰りに行き詰まらないように、売掛金の適切な管理などを行い、売掛債権の増加、棚卸在庫の増加、買入債務の減少を抑制する必要がある。
  • 例えば小売業においては、一般的に、商品を在庫として抱えるため、棚卸資産が多くなるが、買掛で仕入れを行い、買入債務を増やすことで運転資本(運転資金)は圧縮できる。

お役立ち資料|自社に合う選び方とは?人事管理システム選定のポイント7選

内容概要

昨今の人事部門には、従来の定型業務の効率化だけではなく高付加価値業務へのシフトや戦略人事の実現が求められています。しかしながら、日々の業務に追われて中長期的な課題に取り組めていない、担当する業務...

詳細内容を見る

お問い合わせ

資料請求‧お電話など各種お問い合わせは下記よりお気軽にご相談ください。

03-6231-9505

平⽇ 9:00 - 18:00(⼟⽇祝⽇を除く)