は行

フィージビリティスタディ

フィージビリティスタディ Feasibility Study

事業(新規事業、新商品・サービス等)の実行可能性・実現可能性を検証することを指す。

プロジェクトマネジメントにおけるプロジェクト計画前の予備調査を指すこともある。
実施時期として、事業やサービスを展開する計画策定に対して意思決定を行う前段階に行うことが一般的である。
調査・検証する項目としては、費用対効果調査、技術調査、特許調査、コスト計算、利益予測、等がある。
フィージビリティスタディを行なうには、その評価ポイントの定義と、分析方法を決め、代替案の相違点を分かりやすく報告することが重要である。
フィージビリティスタディを行うことにより、実現可能性の高い計画・代替策の決定、プロジェクトの計画、意思決定が可能となる。

検証する事項には、以下のようなものがある。

  • 技術面での実現可能性
  • 市場面での実現可能性
  • 経済的な実現可能性(投資効果 等)
  • 業務面での実現可能性
  • システム面での実現可能性

お役立ち資料|Z世代とのコミュニケーションで実践すべき3:7の法則

内容概要

多くの企業で、昭和生まれ世代の管理職が、Z世代とどのように関わっていくのか悩まれていると思います。特に、Z世代とのコミュニケーションでは、根拠のないことを言われたり、逆に自分のことを受け入れても...

詳細内容を見る

お問い合わせ

資料請求‧お電話など各種お問い合わせは下記よりお気軽にご相談ください。

03-6231-9505

平⽇ 9:00 - 18:00(⼟⽇祝⽇を除く)