た行

定額法

定額法 Fixed Amount Method

  • 減価償却の計算方法の1つで、固定資産の価値が毎年同額下がると考える。
  • 取得原価から残存価額を差し引いた残りを、耐用年数で割った金額が減価償却費になる。
  • 一年当りの減価償却費=(取得原価-残存価額)÷耐用年数
  • 定額法は、毎年同額の償却を行うため、計算方法が簡単であるというメリットがある。一方、使用年数に比例して効率、価値が逓減する資産においては、収益と費用が対応しないなどのデメリットがある。

お役立ち資料|エンゲージメントの向上で企業価値を最大化!ジョブ型人事制度から見るエンゲージメントの重要性

内容概要

コロナウイルスの流行や多様な働き方が広がる中で、テレワークを導入する企業様が非常に増えています。それに伴い、タスクや役割の範囲を明確にして管理する、いわゆる「ジョブ型人事制度」の推進が加速してい...

詳細内容を見る

お問い合わせ

資料請求‧お電話など各種お問い合わせは下記よりお気軽にご相談ください。

03-6231-9505

平⽇ 9:00 - 18:00(⼟⽇祝⽇を除く)