• ホーム
  • コンセプト
  • 商品・サービス
  • セミナー
  • 導入事例
  • レポート
  • 会社情報

用語集 WORDS

トライアル雇用|人材マネジメント用語集

トライアル雇用とは特定の条件に該当する労働者を最大で3ヶ月間雇用し、企業、労働者の双方が合意した場合本採用となる制度である。
労働者はハローワークから紹介され、本採用になった場合、企業にハローワークから試行雇用奨励金が支給される。


トライアル雇用が適応される労働者の条件

  • 45歳以上65歳未満の中高年齢者
  • 35歳未満の若年者
  • 母子家庭の親
  • 身障者
  • 日雇い労働者・ホームレス

トライアル雇用はのメリットは、一定期間、職務に就くことによって、通常の面接などでは見ることにできない労働者の行動特性などを事前に知ることができること。
また一方、労働者としてもその企業の特徴を事前に理解した上で入社することができるためミスマッチをできる限り防ぐことができることである。
紹介者予定派遣との違いは、試用期間の雇用主がトライアル雇用の場合は派遣企業ではなく、就労先の企業であることである。


「sai*reco(サイレコ)」なら従業員情報の電子化により、人事業務の負担を軽減することが可能です。
HRオートメーションシステム「sai*reco(サイレコ)」を是非ご活用ください。 HRオートメーションシステム「sai*reco(サイレコ)」

関連ページ
HR領域-人事制度
HR領域-人材育成
管理部門に特化した個別転職サポート

ページの先頭へ