• ホーム
  • コンセプト
  • 商品・サービス
  • セミナー
  • 導入事例
  • レポート
  • 会社情報

用語集 WORDS

テイラー・システム|人材マネジメント用語集

テイラー・システム(Taylor System)とは、フレドリック・テイラーによって確立された、工場の作業者を効率的に管理するためのマネジメントシステムのことを指し、科学的管理方法とも呼ばれている。
テイラーは、当時蔓延していた非効率な業務遂行や怠業といった問題を解決するため、作業をいくつかのユニットに分け、ユニットごとの動作やその作業を終えるまでの時間を調査した。そして課業(1日の標準的な作業量)を定め、どのような人材でも課業を達成できるよう、作業方法(手順や工具等)の標準を定めた。これにより、経営者側は作業を「管理」することが可能となり、生産性の向上に寄与した。
人材マネジメントの観点からの論点としては、テイラー・システムの成立により、作業員の仕事の効率性の評価、スキル不足の作業員の教育が可能となったことも挙げられる。例えば、ある作業が一定の動作のもと、ある一定の時間内で終えることができると仮定することで、時間内に作業を終えられない従業員に対しては、より効率的な動き(仕事の仕方)をトレーニングすることができる。
またテイラーは、一定の時間内に基準量に達した場合と達しなかった場合で貸率を変動させることで、従業員の仕事に対する意欲を掻き立てようとする仕組みを考案した。これは金銭的報酬の多寡をモチベータとして従業員のモチベーションを向上させようとする、現在のインセンティブや成果主義にも通じる考え方である。


「sai*reco(サイレコ)」なら組織図の作成や、組織図設計シミュレーション機能などを活用することで組織戦略の策定に活かすことが可能です。
HRオートメーションシステム「sai*reco(サイレコ)」を是非ご活用ください。 HRオートメーションシステム「sai*reco(サイレコ)」

関連ページ
ワークプロセス領域
管理部門に特化した個別転職サポート

ページの先頭へ