• ホーム
  • コンセプト
  • 商品・サービス
  • セミナー
  • 導入事例
  • レポート
  • 会社情報

用語集 WORDS

垂直的評価|人材マネジメント用語集

  • 垂直的評価とは、上司が部下を評価することである。部下から上司を評価することも意味としては含まれる場合もあるが、上司から部下を評価する場合として使われることが多い。
  • 多くの企業では、日常部下に対して仕事の割当や指導と育成、および監督するのが上司の役割である。従って、評価方法としては上司が部下を評価する方法が一般的である。
  • しかし、垂直的評価は上司から部下という一方的な評価であるため、上司の評価者としてのスキルに依存する点が大きいものとなってしまい、評価者のスキルのばらつきにより評価結果が異なるなどといった事象も生じてしまう。
  • そのため、近年、上司のマネジメント力の向上や客観性を担保することを目的に、複数の視点を入れた評価方法などを導入する企業が増えている(水平的評価や360度評価等)。
  • 垂直的評価を適切に運用していくには、明確な評価基準や評価者のスキルを担保することが必要となる。そのため、評価制度の見直しや評価者のスキル向上のための研修を行う企業も多い。

「sai*reco(サイレコ)」なら人事評価時に正確な評価を行うことができるように、施策(評価履歴、教育履歴など)情報を閲覧することが可能です。
HRオートメーションシステム「sai*reco(サイレコ)」を是非ご活用ください。 HRオートメーションシステム「sai*reco(サイレコ)」

関連ページ
人事制度
管理部門に特化した個別転職サポート

ページの先頭へ