• ホーム
  • コンセプト
  • 商品・サービス
  • セミナー
  • 導入事例
  • レポート
  • 会社情報

用語集 WORDS

CHO|人材マネジメント用語集

CHO(シーエイチオー)


  • CHOとは、Chief Human Officer を略した言葉であり、経営資源の中で、人的資源における責任を担う存在として位置づけられており最高人事責任者などと訳される。
  • CHOの役割は、従業員と経営者の間に立ち、人的資源管理における責任を全することで、企業価値の向上に寄与していくことである。
  • 元々、米国では、取締役会が意思決定と同時に監査を行い、実際の実務を行うのは執行役と役割が明確に分離されていた。
  • それゆえ、米国の企業においてCHOは、実際に事業部門や機能部門を統率する立場の執行役として人的資源管理における責任を全する立場と位置づけられていた。
  • 近年日本においても、執行責任を明確にする傾向が強くなったため(経営と執行の分離をする傾向が強くなった)、CHO等、執行責任を明確にする名称が活用されるようになった。
  • ただし、従来の日本企業で用いられてきた「役職」と責任が異なるものでは無いため、単に部門の長である人事部長を指していることもある。
  • CHOと似た呼称には、CEO(最高経営責任者 Chief Executive Officer)やCFO(最高経理責任者 Chief Finacial Officer)などある。
    ※現在日本では、法的に定義するものは存在していない。

「sai*reco(サイレコ)」は組織人事の情報を蓄積し、有効な経営情報としての活用を支援するクラウド型人事管理システムです。
HRオートメーションシステム「sai*reco(サイレコ)」を是非ご活用ください。 HRオートメーションシステム「sai*reco(サイレコ)」

関連ページ
人事制度
管理部門に特化した個別転職サポート

ページの先頭へ