• ホーム
  • コンセプト
  • 商品・サービス
  • セミナー
  • 導入事例
  • 会社情報

用語集 WORDS

株主資本利益率 ROE|人材マネジメント用語集

Return On Equity


計算式(当期純利益÷自己資本)
以下の計算式でも求める事が出来る。


①(当期純利益÷売上高)×②(売上髙÷総資産)×③(総資産÷自己資本)
①:売上高当期純利益率②:総資本回転率)③負債比率


上記の式からROEの向上には①売上高当期純利益率、②総資本回転率、③負債比率の改善が有効になる。①売上高当期純利益率の改善には、より付加価値の高い商品やサービスの販売とコストの削減による利益率のアップなどが必要。
②総資本回転率の改善には、一定の費用に対して量や回数を増やして多く販売することが求められる。


計算を分解することで、具体的に施策を考案することができる。


2014年以降、外国人投資家がROEを重視していることや株主重視の姿勢が強まるなか、ROEの指標を高める事が企業に求められている。


「sai*reco(サイレコ)」組織人事の情報を蓄積し、有効な経営情報としての活用を支援するクラウド型人事管理システムです。
HRオートメーションシステム「sai*reco(サイレコ)」を是非ご活用ください。 HRオートメーションシステム「sai*reco(サイレコ)」

管理部門に特化した個別転職サポート

ページの先頭へ