• ホーム
  • コンセプト
  • 商品・サービス
  • セミナー
  • 導入事例
  • 会社情報

採用 RECRUITING

中途採用 社員紹介

新たな支援企業を次々増やす
敏腕営業コンサルタント



Y・F

人材開発 / 営業担当部長

入社を決めたきっかけ

前職で所属していた営業コンサルティング企業の仕事を通じて代表の大野さんと出会い話をする中で、アクティブ アンド カンパニーの持っている"商品ラインアップの豊富さ"と、そこから感じる"挑戦や成長に対する飽くなき欲求"に魅力を感じました。その後、縁あって採用試験に参加しましたが、その場面で「上場」という目標を聞いた事が大きかったです。加えて面接官であった先輩社員からは「仕事が楽しくて仕方ない」という感情がビシビシと伝わってきました。きっと優秀な人材が豊富に揃っているに違いない、そこで自分自身も揉まれながら更なる成長をしたい、と思いアクティブ アンド カンパニーに入社する事を決めました。

現在のお仕事内容

人材開発コンサルティング事業部に所属し、主に新規顧客開拓の営業活動と顧客フォローおよび追加提案の活動を担当しています。
東京都内に籍を置く成長企業に対して、組織の状況・課題をヒアリングし、クライアント企業の更なる成長を支援するためのソリューションを企画し、提案しています。提案段階では、自社内・グループ会社のコンサルタントとも協業しながら提案書をまとめていき、真の課題解決に結び付く施策を検討していきます。

自身の成長を感じたエピソード

クライアントが私たちのような外部企業に相談を持ちかけてくれる際、その多くが「自社内で考えに考えたけれども、どうすればよいか分からない。八方塞がりだ。」という状況です。ある意味、無理難題に近いテーマを投げかけられる事もあります。その状況に対して、考えに考え抜いて「これだ!」という突破口が見つかり、それを実行し、成果につなげられたとき、自分自身の視野が大きく広がった事を体感できます。

Y・Fさんから見たアクティブアンドカンパニーについて

コンサルの営業は通常役員レベルが人脈や紹介を起点に行うケースが多いですが、AACグループでは様々な商品ラインアップを取り揃える事によって、現場レベルで突破口を切り開き、そこから大型の案件につなげていくステップアップの仕組みを作っていく事を重要視しています。人事領域を主戦場とする会社は数多く存在しますが、その多くが、社員一人一人が持つ属人的な経験値の集積を会社の価値としているケースが多いと聞きます。AACグループでは、あくまで仕組みを作って組織として成果を上げる事を重要視しており、そういった考え方を持ち、それを徹底している会社という意味では、業界内でも珍しい存在なのかもしれません。

一日の流れ

午前

・新規のクライアントA社へ初訪問

午後

・3度目の訪問となるクライアントB社へ研修の提案
・さらに1件、新規のクライアントC社へ初訪問

夕方以降

・次回の提案に向けて提案書を作成

エントリーはこちら

ページの先頭へ