は行

評価面談

評価面談とは、期初にたてた計画・目標の達成状況を振り返るとともに、一次評価の伝達を行なう面談のことである。
評価面談を実施する目的は、評価を伝達することはもちろんのこと、計画・目標達成の成功要因、未達成の失敗要因を分析し、問題と課題、次期の改善策を共有することである。ポイントは以下の3点である。

  1. 被評価者が本音で話せる環境をつくる
    • 十分な時間を確保し、途中で中断されないように事前に業務を済ませておく
    • プライバシーに配慮し、静かで落ち着く面談場所を確保する
    • 面談時は、リラックスして、真面目に話し合えるレイアウトで着席する
    • 部下全員に公平に実施する
  2. 評価内容や自身の課題に対する納得感を引き出す
    • 目標管理シートや評価シートに沿って評価を実施し、評価根拠をきちんと説明する
    • 被評価者の観察記録簿を活用するなどして、事実の確認を行なう
  3. 面談後のフォローを実施する
    • 業務の指示や割り振り等日常のマネジメントを通して、改善策の取り組みを支援する
    • 日常のコミュニケーションを通して、改善策の取り組みの進捗度合いを確認する

「sai*reco(サイレコ)」は評価面談を実施する際の資料となる「人事評価シート」機能を備えています。
フォーマットが定まらないエクセルベースのシートではなく、きちんとした定型フォーマットでクラウド上に保存できます。
HRオートメーションシステム「sai*reco(サイレコ)」を是非ご活用ください。
HRオートメーションシステム「sai*reco(サイレコ)」

関連ページ
人事制度

お問い合わせ

資料請求‧お電話など各種お問い合わせは下記よりお気軽にご相談ください。

03-6231-9505

平⽇ 9:00 - 18:00(⼟⽇祝⽇を除く)