た行

定年制

mandatory retirement system

定年制とは企業が従業員との雇用契約を定年年齢と定めた年齢に達したことを理由に終了させる制度である。
定年制を設けるためには就業規則を定めなくてはならない。
高年齢者雇用安定法によって、以前は定年年齢が60歳以上であれば問題なかったが、法改正により、65歳までの高年齢者雇用確保をするために以下の措置が義務付けられた。

  1. 定年年齢を65歳以上に引き上げる
  2. 継続雇用性の導入
  3. 定年制の廃止

この措置は国と事業主の関係を規定したにすぎず、措置を講じなかったとしても罰則はなく、行政指導となる。
また高年齢者雇用安定法改定の背景には、年金の受給年齢が60歳から65歳に引き上げられたことがある。

以上のことから、高年齢者の就業者が増加し、以下の課題が発生してきている。

  • 高齢労働者の処遇
  • 高齢労働者に任せる仕事の確保
  • 管理職退任後の社員の扱い 等

「sai*reco(サイレコ)」は、履歴書・職務経歴書情報、研修の受講履歴、異動履歴等、様々な従業員情報を電子化し、人事業務の負担を軽減することが可能です。
HRオートメーションシステム「sai*reco(サイレコ)」を是非ご活用ください。
HRオートメーションシステム「sai*reco(サイレコ)」

関連ページ
人事制度

お問い合わせ

資料請求‧お電話など各種お問い合わせは下記よりお気軽にご相談ください。

03-6231-9505

平⽇ 9:00 - 18:00(⼟⽇祝⽇を除く)