ら行

老齢人口比率

老齢人口比率

<概要>
老齢人口比率とは、高齢化率ともいい、高齢化の度合いを示す指標の一つ。
老齢人口割合は以下の式で求められる。
老齢人口÷総人口=老齢人口比率
※老齢とは65歳以上の人を指す。

<現状>
日本企業では、老齢人口比率の増加に伴って労働者不足が進行している。
したがって、労働者を確保するため、以下のような対策が検討・実施されている。

  • 定年の延長・定年後の再雇用(雇用できる年齢層の拡大)
  • 国外からの労働力の調達(外国人労働者の雇用)

このようにして労働者の年齢幅やダイバーシティが増大することにより、今までになかった課題が現れてきている。

<想定される課題例>

  • 雇用が延長されることによる人件費の増加
  • 60歳以上の再雇用者のマネジメント
  • (外国人労働者を採用する場合)外国人労働者とのコミュニケーションギャップの増加

「sai*reco(サイレコ)」組織人事の情報を蓄積し、有効な経営情報としての活用を支援するクラウド型人事管理システムです。
HRオートメーションシステム「sai*reco(サイレコ)」を是非ご活用ください。
HRオートメーションシステム「sai*reco(サイレコ)」

関連ページ
HR領域-人事制度
HR領域-人材育成

お問い合わせ

資料請求‧お電話など各種お問い合わせは下記よりお気軽にご相談ください。

03-6231-9505

平⽇ 9:00 - 18:00(⼟⽇祝⽇を除く)