ら行

レビンの変革プロセス

レビンの変革プロセスとは、社会心理学者のレビンによって提唱された変革過程の3段階のプロセスのことを指す。

3段階のプロセスとは、1.解凍、2.変革、3.再凍結であり、それぞれ以下の様な段階を意味している。

  1. 解凍
    従来からの日常行動、システム、伝統等に慣れた組織の構成員に対して新たな変化の必要性を理解させる。つまり均衡状態を崩し、従来からのやり方から決別させ、新たな変化に向けての準備をさせる段階のこと。解凍には、推進力(現状から離れた方向に行動をさせる力)が増強された場合、抑止力(現状の均衡を維持しようとする力)が減圧された場合に起こりえると考えられている。
  2. 変革
    組織の構成員に対して、新しい行動基準や考え方を学習させる段階のこと。
  3. 再凍結
    導入した新しい変革を組織構成員に定着化・慣習化する段階のこと。再凍結においては、新しい行動基準や考え方を定着させるために、絶えず新しい行動や考え方を強化、奨励する環境を作ることなどが重要と考えられている。

「sai*reco(サイレコ)」はレビンの変革プロセスなどによる新たな組織体制作りに活用することが可能です。
HRオートメーションシステム「sai*reco(サイレコ)」を是非ご活用ください。
HRオートメーションシステム「sai*reco(サイレコ)」

関連ページ
人材育成

お問い合わせ

資料請求‧お電話など各種お問い合わせは下記よりお気軽にご相談ください。

03-6231-9505

平⽇ 9:00 - 18:00(⼟⽇祝⽇を除く)