か行

極端化傾向

人事評価時に評価者が陥りやすい評価エラーのうちのひとつをいう。中心化傾向とは反対に、評価が最高或いは最低に偏ることを指す。

中央化傾向とは、評価結果が両極端を避け、標準(中央)に集まる傾向を指すが、極端化傾向は、評価差をつけなければならないという意識が強い評価者において生じる傾向がある。
予防策としては、以下のようなものが挙げられる。

  • 日ごろから部下の働きを観察して、記録をとること。
  • 目標設定の段階で、部下と達成基準を確認すること。等々。

つまり、何をどれだけ達成すれば、どういった評価になるのかを決めておくことが大事である。定量的な目標であれば、達成度を評価しやすいことは自明だが、非定量的(定量化が不可能)な目標については、達成度を数値ではなく、状態で設定しておくことも一手である。

「sai*reco(サイレコ)」なら人事評価時に極端化傾向にならないように施策(評価履歴、教育履歴など)情報を閲覧することが可能です。
HRオートメーションシステム「sai*reco(サイレコ)」を是非ご活用ください。
HRオートメーションシステム「sai*reco(サイレコ)」

関連ページ
人事制度

お問い合わせ

資料請求‧お電話など各種お問い合わせは下記よりお気軽にご相談ください。

03-6231-9505

平⽇ 9:00 - 18:00(⼟⽇祝⽇を除く)