ら行

労働組合法

労働組合法

  • 労働関係調整法、労働基準法と並ぶ、いわゆる労働三法の一つ。
  • 通称「労組法」と呼ばれ、日本国憲法で保障された労働三権(団結権、団体交渉権、争議権)を、労働者に保障するための法律のことを指す。
  • 具体的には、労働組合の結成の保証、使用者との団体交渉やストライキ等、労働争議に対する刑事上・民事上の免責要件などが定められている。
  • 労働者を保護することを目的に、労働基準法等が定められているが、労働者一人ひとりという弱い立場では、現実的に労働条件をなかなか改善することができない。その状況を補うために昭和20年(1945年)に制定された。
  • 「労組法」により、労働者は、団結し組合を作り、組織の力を背景にして雇い主と対等の立場に立ち、労働条件を改善するための活動を行うことが保障されている。

「sai*reco(サイレコ)」は組織人事の情報を蓄積し、法令遵守に則った組織体制作りに活用することが可能です。
HRオートメーションシステム「sai*reco(サイレコ)」を是非ご活用ください。
HRオートメーションシステム「sai*reco(サイレコ)」

お問い合わせ

資料請求‧お電話など各種お問い合わせは下記よりお気軽にご相談ください。

03-6231-9505

平⽇ 9:00 - 18:00(⼟⽇祝⽇を除く)