さ行

時効

  • 労働基準法における時効とは、賃金や補償、手当等を請求する権利の消滅時効のことを指し、ある一定期間継続して権利が駆使されないときに、その権利を消滅させることを言う。労働基準法における時効は主に以下の事柄に適用される。
    1. 賃金(退職手当を除く)、災害補償等(2年間)
    2. 退職手当(退職後5年間)
    3. 年次有給休暇(2年間)

通常、退職後3年間の保管義務がある従業員情報も、「sai*reco(サイレコ)」ならデータ化して保存し続けることが可能です。
HRオートメーションシステム「sai*reco(サイレコ)」を是非ご活用ください。
HRオートメーションシステム「sai*reco(サイレコ)」

お問い合わせ

資料請求‧お電話など各種お問い合わせは下記よりお気軽にご相談ください。

03-6231-9505

平⽇ 9:00 - 18:00(⼟⽇祝⽇を除く)