ら行

論理的誤差

  • 人事評価時に、評価者が陥りやすいエラーの一つである。
  • 評価者が論理的に考えるあまり、独立している評価項目であるにも関わらず、同一評価、もしくは類似評価してしまう傾向のことを指す。
  • 原因としては、評価者が分析的に考えすぎて、評価項目間に関連性があると解釈してしまうことなどが考えられる。
  • 論理的誤差は、適切な人事評価との乖離を表現する際に用いられ、人事評価時に評価者が留意する事項として捉えられている。
  • 論理的誤差の予防策としては、評価項目の内容・メジャーを理解することが挙げられる。
  • そして、部下の行動を観察、記録するなどして、事実を正確に把握した上で評価することが挙げられる。

「sai*reco(サイレコ)」なら人事評価時に正確な評価を行えるように施策(評価履歴、教育履歴など)情報を閲覧することが可能です。
HRオートメーションシステム「sai*reco(サイレコ)」を是非ご活用ください。
HRオートメーションシステム「sai*reco(サイレコ)」

関連ページ
人事制度

お問い合わせ

資料請求‧お電話など各種お問い合わせは下記よりお気軽にご相談ください。

03-6231-9505

平⽇ 9:00 - 18:00(⼟⽇祝⽇を除く)