ま行

マネジリアル・グリッド論

リーダーシップ行動論の一つとして1964年にテキサス大学教授で経営コンサルタントのブレイクとムートンによって提唱された。
リーダーシップの行動スタイルを「人への関心」と「業績への関心」という2つの側面から捉えた代表的な行動理論である。
リーダーの自己評価と部下評価、相互評価を通して、あるべきリーダー像に近づくためには、どのような自己革新が必要であるかを理解し実践していくことを目的にした技法である。
リーダーシップの行動スタイルを部下との人間関係、マネジメント等の「人間に対する関心」とチームとしてのパフォーマンス等を考える「業績への関心」に対し、そろぞれどの程度関心を持っているか、それぞれの軸を縦軸に9段階、横軸に9段階に分け、出来た81の格子(グリッド)をマネジメント・グリッドと称し、典型的な5つのリーダーシップ類型に分類する。
縦軸に大きくなると、部下との人間関係、マネジメント等の「人間に対する関心」が高くなり、横軸に大きくなると、チームとしてのパフォーマンス等を考える「業績への関心」が高くなる。

  • 1・1型: 業績にも人間にも無関心であり、与えられた業務しか行わない放任型リーダー
  • 1・9型: 業績を犠牲にしても人間への関心が高い人情型リーダー
  • 9・1型: 人間を犠牲にしても業績最大化への関心が高い権力型リーダー
  • 9・9型: 業績にも人間にも最大の関心を示す理想型リーダー
  • 5・5型: 業績にも人間にもバランス良く関心を示す妥協型リーダー

ブレイク、ムートンによると、9・9型がもっとも理想なリーダーシップ類型だと考えられている。
「sai*reco(サイレコ)」は人事人材情報を自動で収集し、効率的・効果的にタレントマネジメントを行うことが可能です。
HRオートメーションシステム「sai*reco(サイレコ)」を是非ご活用ください。
HRオートメーションシステム「sai*reco(サイレコ)」

関連ページ
人材育成

お問い合わせ

資料請求‧お電話など各種お問い合わせは下記よりお気軽にご相談ください。

03-6231-9505

平⽇ 9:00 - 18:00(⼟⽇祝⽇を除く)