は行

ホワイトカラー

ホワイトカラー white collar workers
企業内の管理部門等に所属し企画・管理業務等を中心とする労働者の事を表す。
ホワイトカラーの語源は、事務職に従事する労働者が白い襟のワイシャツを着ていた事が経緯となっているといわれている。
ホワイトカラーの職場環境では、ブルーカラーに比べて業務に直接起因する労働災害は少ない。一方で業務の標準化が進んでいない面もあり、業務量や責任の偏重が発生しがちになり精神的な負担が大きくなる傾向が見られる。近年では精神疾患や過労死などが社会問題となっているが、業務に直接起因しているか否か判断し難い面が問題にもなっている。
賃金水準においては、ブルーカラーに比べて高い傾向があるため、ブルーカラーと比較して高い地位であるイメージが確立していた。しかしホワイトカラーの増加等により一概に判断できない。
加えて、産業構造の変化によりサービス産業の比重が大きくなってきたために、製造業を中心とした概念による区分(ホワイトカラー・ブルーカラー)で捉えきれない様々な業務に携わる機会が多くなってきており、一般にホワイトカラーの範囲も曖昧になってきている。
「sai*reco(サイレコ)」は多様化する社員の勤務状況や働き方を管理することが可能です。
異動や出向実績をシステム上で個別に登録・管理を行うことができ、新たな組織戦略立案の参考データとしても利用できます。
HRオートメーションシステム「sai*reco(サイレコ)」を是非ご活用ください。
HRオートメーションシステム「sai*reco(サイレコ)」

関連ページ
人事制度

お問い合わせ

資料請求‧お電話など各種お問い合わせは下記よりお気軽にご相談ください。

03-6231-9505

平⽇ 9:00 - 18:00(⼟⽇祝⽇を除く)