ら行

レーマン方式

レーマン方式 Lehmann plan

  • ドイツの経営学者・レーマンの学説を応用した成果配分方式の一つ。
  • 成果配分方式とは、企業の業績の一部である売上高・付加価値・営業利益・経常利益等を労働者の貢献度合いによって配分する方式であり、賞与決定の指標とするのが一般的である。
  • レーマン方式における成果配分では、企業の業績を高める要素を「資本」と「労働」とした考えを用いて、「資本=純利益÷総資本」・「労働=純利益÷従業員数」を基準として判断する。従って、算出された資本比率と労働比率によって貢献比率の程度が明確になる。
  • 成果配分方式については、レーマン方式以外にも、スキャロンプラン・ラッカープラン・カイザープラン等がある。

「sai*reco(サイレコ)」は従業員の評価から給与明細の管理までシステム上で一括に行うことが可能です。
HRオートメーションシステム「sai*reco(サイレコ)」を是非ご活用ください。
HRオートメーションシステム「sai*reco(サイレコ)」

関連ページ
人事制度

お問い合わせ

資料請求‧お電話など各種お問い合わせは下記よりお気軽にご相談ください。

03-6231-9505

平⽇ 9:00 - 18:00(⼟⽇祝⽇を除く)