ま行

みなし労働時間

  • 実際に働いた時間ではなく、労使協定や労使委員会で決められた一定時間を、1日の労働時間とみなすことである。事業場外労働、専門業務型裁量労働、企画業務型裁量労働に適応される。
  • みなし労働時間であっても、1日8時間、1週40時間を超える場合は、三六協定の締結が必要となり、割増賃金を支払わなければならないことになっている。
  • また、みなし労働時間を適用している場合においても、法定休日労働、深夜労働、休憩等に関する労働基準法上の規定の適用は排除できない。

「sai*reco(サイレコ)」なら勤怠情報を連携し、離職者傾向の抽出や労働生産性を分析することが可能です。
HRオートメーションシステム「sai*reco(サイレコ)」を是非ご活用ください。
HRオートメーションシステム「sai*reco(サイレコ)」

関連ページ
人事制度

お問い合わせ

資料請求‧お電話など各種お問い合わせは下記よりお気軽にご相談ください。

03-6231-9505

平⽇ 9:00 - 18:00(⼟⽇祝⽇を除く)