あ行

ITSS

IT Skill Standard

IT業務に必要とされる能力・スキルを、整理したスキル体系。

IT人材の自律的なスキル向上や企業における人材育成を促し、日本のIT産業の競争力向上を図るため、IT人材の教育・訓練等に有用な「指標、ものさし」として経済産業省より提供されている。

ITSSは、ITサービスの分野を、「マーケティング」「セールス」「コンサルタント」「ITアーキテクト」「プロジェクトマネジメント」「ITスペシャリスト」「アプリケーションスペシャリスト」「ソフトウェアデベロップメント」「カスタマサービス」「オペレーション」「エデュケーション」の11職種に大別し、さらに細分化され全部で38種の専門分野に区分している。そして、専門分野ごとにスキルレベルを7段階に設定している。以下にそのレベル概要を示す。

  • レベル7:国内のハイエンドプレイヤー且つ世界で共通するプレイヤー
  • レベル6:国内のハイエンドプレイヤー
  • レベル5:企業内のハイエンドプレイヤー
  • レベル4:社内のハイレベルプレイヤー
  • レベル3:応用的知識・技能
  • レベル2:基本的知識・技能
  • レベル1:最低限必要な基礎知識

2012年に公開されたV3ではカスタマサービス職種の重要性が大きくなってきていることを踏まえ、カスタマサービス職種の活動範囲の拡大やとりまく環境の変化に対応した
内容に改訂された。

人材のITSSを管理し、それぞれのスキルアップにつなげるための施策を考えられるのが「sai*reco(サイレコ)」です。
HRオートメーションシステム「sai*reco(サイレコ)」を是非ご活用ください。
HRオートメーションシステム「sai*reco(サイレコ)」

関連ページ
人事制度
人材育成

お問い合わせ

資料請求‧お電話など各種お問い合わせは下記よりお気軽にご相談ください。

03-6231-9505

平⽇ 9:00 - 18:00(⼟⽇祝⽇を除く)