Activation Strategy 組織活性化コンサルタントのコラム

コラムトップ > 組織活性化施策

組織活性化施策

投稿日: 2019/02/25

同一労働同一賃金の真意

「働き方改革関連法」により、2019年4月1日から労働基準法改正が施行され、「時間外労働の上限規制」「年休5日取得義務化」「勤務時間インターバル制度の努力義務」が始まる。また、「同一労働同一賃金」の実現に向けて、パートタイム・有期雇用労働法、労働契約法、労働者派遣法も改正・施行される。リードタイムは企業規模により多少差はあるが、2020年を境にこれまでの労働基準法に基づく労働時間や有給休暇についての規制が大きく転換することになる。今回のコラムでは、これらの変化の中の「同一労働同一賃金」について考察したい。

AACメンバー

> 続きを読む

投稿日: 2019/01/16

外国人社員の定着施策と求められる人事対応

●外国人社員採用の背景

近年、外国人社員を積極的に採用する動きが目立っています。LINEやメルカリでは外国人社員を数十名単位で採用するなど、国外からの優秀人材の獲得を進めています。

外国人採用は単に人材不足を補う施策ではなく、ダイバーシティマネジメントの一環といえます。日本ではダイバーシティマネジメントを、女性活躍推進、シニア社員の活用、障がい者雇用、働き方改革などの施策で実践してきました。しかしながら、これらの施策は、「これからはダイバーシティマネジメントが重要である」という、世の中の風潮に対する形式的な対応に留まるケースも散見されました。

ダイバーシティマネジメントの本来の目的は、均一ではなく多様な人材のアイディアをビジネスに活かすことで、多様化する社会ニーズに対して付加価値を提供することにあります。特にグローバル化が急速に進み、マーケットがボーダレスとなる現代においては、多様な社員のアイディアを戦略に活かすことこそ、ビジネスでの競争力強化の必須要件と考えられます。

AACメンバー

> 続きを読む

投稿日: 2018/11/12

年次有給休暇取得の義務化について概要及び対応策

まだ皆様の記憶に新しい、平成30年6月29日「働き方改革を推進するための関係法律の整備に関する法律案」の可決により、様々な働き方に関する話題が日々ニュースで流れています。

中でも注目を浴びたのは、時間外労働時間の上限規制や高度プロフェッショナル制度です。

他にも、同じく2019年4月に施行されるのが、年5日間の年次有給休暇の取得義務化です。

今回は年次有給休暇の取得義務化についてお話いたします。

AACメンバー

> 続きを読む

| 1  2  3  4  5  6  7  8  9 |