人事コンサルティングや教育研修、研修の内製化等、組織活性化のことならアクティブアンドカンパニー

 
組織活性化に向けた6つのステップ /

組織活性化に向けた6つのステップ

組織活性化に向けた6つのステップ

組織活性化に向けた取組みの浸透・定着を図るためには、取組みに沿ったそれぞれの施策が持つ意図を明らかにして、プロジェクトを推進する必要があります。弊社では活性化に向けた取組みを6つのステップに分類し、組織の活性化に向けた取組みが、組織に浸透・定着するプロジェクトを推進していきます。

組織活性化に向けた6つのステップ

STEP1

現状や状態を理解し、問題や課題を明確にすると共に、危機意識の醸成を図る

目的
STEP2

関与対象も鑑みた変革・改革の素案を提起し、具体的な仕組みやルールを検討する

構築
STEP3

具体化した仕組みやルールを、関与対象を通して組織全体に周知する


拡張
STEP4

公式な場を設け、具体化した仕組みやルールを組織全体へ周知する


周知
STEP5

仕組みやルールだけでなく、変革・改革の目的に沿った行動や活動も承認・賞賛する

浸透
STEP6

変革・改革の目的に沿った組織外部に対する取組みを行う。


 

 

関連ページ
アクティベーションマネジメントとは
メルマガサンプルはこちら
    【AACレポート】Vol.136
    【AACレポート】Vol.135
    【AACレポート】Vol.134
    過去のメルマガ一覧はこちら
資料請求
Ability Management System
コンサルティング方針・領域
サービス
公開型育成プログラム
アクティベーションカレッジ
人材マネジメント用語集
人事業務に特化した職業紹介
人事のキャリア及び転職支援はHRキャリア