• ホーム
  • コンセプト
  • 商品・サービス
  • セミナー
  • 導入事例
  • 会社情報

用語集 WORDS

アサーション|人材マネジメント用語集

アサーションとは適切に自己主張をするためのコミュニケーションスキルである。
アサーションは1950年代にアメリカで、自己主張を苦手とする人を対象としたカウンセリング手法として生まれた。
アサーションを習得することによって、相手に不快な思いをさせずに、自身の主張を行うことができる。

アサーションの理論では、コミュニケーションを以下3つタイプに大別できるとされている。

・アクティブ(攻撃的)・・・自分を中心に考え、自身の考えを主張する
・ノンアサーティブ(非主張的)・・・自身の意見を押し殺し、他に合わせる
・アサーティブ・・・相手の主張を尊重しつつも、自身の主張を発する

<各コミュニケーションタイプの例(遊んでいる子供にお使いを頼む場合)>
アクティブ(攻撃的):「遊んでばかりいないで、手伝いなさい」
ノンアサーティブ(非主張的):「あのさ・・・楽しそうだからいいや」
アサーティブ:「まだ遊んでいたいと思うけど、私としてはお使いに行ってもらえるとうれしいな」

アサーティブなコミュニケーションを取ることで、不快な思いをさせないだけでなく「You・I・We メッセージ」のI/Weメッセージと同様の以下の効果が期待できる。

<I/Weメッセージの効果>
主語を発信者にすることによって、受信者本人ではなく受信者の行動に対する感情を伝えることができる。
そのため、受信者はそのメッセージを受け入れ易く、行動の変化を促すことができる。
また、Weメッセージの場合は主語の範囲が広いため、より受信者の行動の変化を促しやすい。

関連ページ
コミュニケーション領域
管理部門に特化した個別転職サポート

ページの先頭へ