• ホーム
  • コンセプト
  • 商品・サービス
  • セミナー
  • 導入事例
  • 会社情報

用語集 WORDS

ITSS|人材マネジメント用語集

ITSS(IT Skill Standard)

・IT業務に必要とされる能力・スキルを、整理したスキル体系。
・IT人材の自律的なスキル向上や企業における人材育成を促し、日本のIT産業の競争力向上を図るため、IT人材の教育・訓練等に有用な「指標、ものさし」として経済産業省より提供されている。
・ITSSは、ITサービスの分野を、「マーケティング」「セールス」「コンサルタント」「ITアーキテクト」「プロジェクトマネジメント」「ITスペシャリスト」「アプリケーションスペシャリスト」「ソフトウェアデベロップメント」「カスタマサービス」「オペレーション」「エデュケーション」の11職種に大別し、さらに細分化され全部で38種の専門分野に区分している。そして、専門分野ごとにスキルレベルを7段階に設定している。以下にそのレベル概要を示す。
・レベル1:エントリで、最低限求められる知識
・レベル2:基本的知識・技能
・レベル3:応用的知識・技能
・レベル4:高度な知識・技能
・レベル5:企業内のハイエンドプレイヤー
・レベル6:国内のハイエンドプレイヤー
・レベル7:国内のハイエンドプレイヤー且つ世界で共通するプレイヤー

関連ページ
人事制度
人材育成
管理部門に特化した個別転職サポート

ページの先頭へ