• ホーム
  • コンセプト
  • 商品・サービス
  • セミナー
  • 導入事例
  • 会社情報

商品・サービス SERVICE

自己打開力育成プログラム(タフアサインメント)|商品・サービス

自己打開力育成プログラム(タフアサインメント)の目的

ビジネススキル及びリーダーシップの開発においては、困難な課題に直面させ、その課題を自らの手で克服させることが、最も効果的な開発方法であるとされています。
しかし、実業に直結した組織活動や日常業務において、能力やスキル伸張を目的とした困難な課題を役割や職種別に適宜課すことは、困難であると言えます。
本プログラムでは、研修受講者に対して擬似的に困難な課題を課し、克服することを通して、ビジネススキルやリーダーシップの開発を行うことを目的としています。
現状の日常の業務遂行により必要な業務スキルの修得および習熟が可能なことは間違いありません。しかし、現在のビジネスパーソンには、現状の業務遂行に求められている以上のスキルの修得が必要なことも事実です。その現状の業務遂行に必要となる以上の高いスキルの習得や成長を阻害する要因としては、自身の思い込みによって限界を設定し、「壁」を創り上げてしまうことがあげられます。本プログラムでは、その成長を阻害する一因となる「自身の『壁』」を打ち破っていくための自己打開力(主体性やPDCA)を効果的に習得することが可能です。

自己打開力育成プログラム(タフアサインメント)の概要

本プログラムでは、受講者で構成する各チームが一丸となり、株式会社AACソリューションズ(架空の会社)に対して、コーポレートサイトのトップページを提案するという場面設定に基づいて、研修プログラムを進めていきます。
受講者に対して、困難な課題(タフアサインメント)を課すことにより、研修における緊張感を醸成するだけでなく、ビジネススキルを向上させると同時に、コミュニケーションの重要性やチームワーク形成における要点を体感し、習得して頂きます。
この場面ではどういった対処が最も良かったのか、最善といえる対応ができたのかをチームで振り返りブラッシュアップすることで、問題解決のPDCA力の強化を図っていきます。
本プログラムで体感するさまざまな問題の壁を、自分自身およびチームで打ち破っていくことで、物事への取り組みや仕事に対する意識を再確認させ、当事者意識を醸成する効果も期待できます。

課題遂行を通した能力の向上と経験の関係

なお、受講対象者のレベルに応じて、課題の難易度を調整する事が可能で、新入社員から管理職まで幅広い受講者層に対応しています。

ネットからのお問い合わせはこちら

電話番号03-6231-9505 9:00~18:00(土日祝日を除く)

自己打開力育成プログラム(タフアサインメント)の内容

自己打開力育成プログラムでは、困難な課題に直面した際にどのような行動を取るべきなのか、また克服するためにはどうすべきなのかを考え、実行する疑似演習をしていただきます。ビジネス環境を想定した擬似演習は、通常のビジネススキルの向上につながるだけでなく、受講生のリーダーシップの開発にも一役買うプログラムとなっています。
本プログラムでは、顧客からあえて困難と思われるビジネステーマが受講者に課されます。そのうえで、受講者はチームでのディスカッションを通して、チームとして、顧客からの無理ともいえる課題に取り組み、解決策を見つけ出し、実行していきます。一般的な営業活動のフロー(「アポイントの取得」→「情報収集」→「提案書の作成」→「提案」)に沿って設計してあり、それぞれのフローでビジネススキルやビジネスパーソンとしての基本を身につけているのかを評価していきます。
この評価においては、「未達成」と思われる内容があればその都度指摘し、「達成」と思える評価ができるレベルまで何度でも繰り返し実行させます。

自己打開力育成プログラムのポイント

日常業務の中で、ビジネスパーソンが自身のビジネススキルやビジネスパーソンとしての基本を振り返る機会は少ないのが現状です。自分では「できている」と認識していても、意外に「できていない」ことに気づかず、ビジネスだけではなく自身の成長の機会損失を招いていることは多いのです。
そこで第三者の目線をチェック項目として取り入れることにより、問題解決の糸口発見へと繋げます。「是正」行動は指示をする方も指示を受ける方も心身ともに疲弊するため避けられがちです。しかし、ビジネスパーソンの成長には欠かせないポイントです。困難に直面したときに、適切に向き合い対処していくかは、課題の達成とともにビジネスパーソン本人の飛躍的なスキルアップ・ブラッシュアップを促すことにつながります。

自己打開力育成プログラム(タフアサインメント)で期待できる効果

本プログラムで期待できる効果は、以下のようなものが挙げられます。

ビジネススキルのブラッシュアップ
『ビジネスマナー、『タイムマネジメント』、『コミュニケーション』、『チームビルディング』、『ロジカルシンキング』が該当いたします。
PDCA力の強化
顧客からの課題をチームでディスカッションすることで、PDCAサイクルを回す力を養うことができます。
課題解決に向けたマインドの強化
顧客からの困難な課題に取り組むことで、課題を避けて考えるのではなく、取り組み解決していくための主体性を強化することができます。

ネットからのお問い合わせはこちら

電話番号03-6231-9505 9:00~18:00(土日祝日を除く)

実施概要 (例)

対象者 新入社員~中堅社員
研修日程 1~2.5日間
適正人数 15~30名
実施形態 ワークショップ形式
実施料金 営業担当または弊社研修事務局にお問合わせください

受講者の声

  • 色々なことを再認識させられ、より足場が固まった感じです。素晴らしい機会でした。
  • 研修の内容は新鮮味があるものばかりで、全てのものから色々と学ぶことができました。研修を通して、色々なことにハッと気づかされました。
  • あまり受講できない内容の研修だったので、受講することができてよかったと思います。

導入事例

株式会社インテージ様

ビジネスマナーの本質的な理解・習得を通し、 社会人としての第一歩を踏み出す

詳細はこちら

イワキ株式会社様

入社時研修を通して新入社員の意識改革を行うと共に、グループでの一体感を醸成し、強い組織創りを実現する。

詳細はこちら

メルシャン株式会社様

中堅社員の次期に向けた成長を促すと共に、組織全体の戦略の下支えを行う人材育成を実現する。

詳細はこちら

経営者の方、人事担当者様、お気軽に一度ご相談下さい。

ネットからのお問合わせはこちら
お問合わせフォーム
お電話はこちら
03-6231-9505 9:00?18:00(土日祝日を除く)

ページの先頭へ